保育士になる方法

保育士として働く為に

保育士になる方法

保育士になる方法 保育士になるには短大や大学の保育科を卒業することが必要です。
保育科で保育士の資格を取得すれば担任を持つこともできますし、保育士として働くこともできるでしょう。
また、転職などで資格がなくても保育士として働きたいような時は、資格がなくても働くことができるお手伝いなどが良いです。
給食の配膳の手伝いや、延長保育時のお手伝いなどをしても良いでしょう。
方法はとてもたくさんあるので、自分が働きやすい方法を選んでいくと良いです。
また、通信教育などでも資格は取ることができるので、学生生活の中で資格を取得する機会がなかったとしても諦める必要はないでしょう。
一度社会人になったような人でもまだ資格取得できる可能性は残っているので、勉強しながら取得していくと良いです。
また、資格取得するには実習なども必要になってくるので、普段子供と触れ合うような機会がないような人も実習で子供との接し方というのも学んでいくと良いでしょう。

保育士になる難易度

保育士になる難易度 保育士試験の合格率はだいたい10%台となっており、難易度的に決して低いとはいえません。
しかし、科目ごとに見ると、さほど難しいとはいえません。
常識で解ける問題も、そこそこあります。
ですから、仮に全然勉強していない状態でも、2~3科目は合格することが可能といっても過言ではありません。
ではなぜ合格率が低いのかというと、「それぞれの科目で6割以上」という足切りラインが定められていることが理由です。
「全科目の合計が6割以上」という条件であれば、ここまで合格率は下がりませんが、まんべんなく得点を取らなければいけないので、苦手な科目もある程度の水準に達していなければなりません。
また、他の資格試験であれば、試験が難しい場合は足切りラインが下げられることもありますが、保育士の試験においては、そういった救済措置はありません。
とはいえ、合格した科目は持ち越し可能ですし、2016年度からは年2回行われるようになったので、取りやすい環境が整備されてきているともいえます。


Favorite


浅草着物レンタルショップ

シャイン工芸

堺で歯周病治療をする


Last update:2022/2/9