保育士の仕事の大変さ

保育士として働く為に

保育士の仕事のやりがいとは

保育士の仕事のやりがいとは 現在、保育士資格を持っていながらも保育以外の仕事に就いている、または働いていない潜在保育士が話題になっています。
保育士の給与面でも評価が低いことからこのような現象が起こっていると考えられていますが、実際の仕事でのやりがいについて見てみましょう。
保育士は小学校に上がるまでの子どもを見ることが多い仕事です。特に乳児の場合は人に慣れるまで時間のかかる子もいます。
しかし、一度信頼を寄せてくれると心からその人を慕ってくれるようになります。担当するクラスの子どもとの信頼感関係が築けたと感じるときに大きなやりがいを得ることができます。
また、子どもだけではなく保護者との関係についても同じことが言えます。保育は人と人とのつながりの上に成り立っている仕事なので、お互いに心が通じ合ったときには大きな喜びを感じることができます。
子どもの成長をまじかで見ることができるので、子どもと喜びを分かち合うこともできます。保育の仕事は人間性を大きく広げてくれる可能性に満ちています。

保育士の仕事の大変さとは

保育士の仕事の大変さとは 保育士はただ子どもを見ていればよいのかというとそういうわけではありません。子ども一人一人の健康面や精神面での把握が必要となってきます。
そのようにすることで、その時に必要な働きかけができるからです。保育士の仕事は楽しいことも多いですが大変さにも目を向けることが大切です。
急な発熱やけがなどにも応急手当ができるように常に学ぶことも大切です。また、子どものことだけではなくその子どもたちの保護者との関係作りも大変さを感じる一部になってきます。
保護者にとっては大切な我が子ですからしっかりと見てほしいというのが本音ですが、保育士の立場からすると保護者とはまた違った見方をするようになります。その時に保護者との対応をきちんと行うことで、信頼関係を築いていくことができるようになります。
保育士は子どもにも保護者にも目を向けて、必要なサポートをすることが求められています。そのような対応に柔軟に対処できるような気持ちを持つことが大変さをカバーしてくれます。

おすすめWEBサイト 34選

Last update:2017/8/24