保育士の給料の平均相場

保育士として働く為に

保育士の給料の平均相場

保育士の給料の平均相場 幼稚園、保育園などで子供たちのお世話をする保育士は男女問わず人気のある職業の1つです。
割合的には女性の方がかなり多いですが、最近は男性保育士も増えてきています。
保育士になる過程としては、専門学校や短大などを卒業してなるケースが多いです。
保育士は子供たちのお世話だけでなく、誕生会や発表会などのイベントの準備なども仕事なので拘束時間は結構長いです。
しかし、給料の平均相場は20万円以下で安いです。
一部高級な私立の幼稚園であればもう少し水準が高いところもありますが、特別な資格などは必要ないこともあり低めの給料です。
拘束時間の長さから考えると、時給換算するとかなり安めかもしれません。
そのため結婚を機に退職する女性が大半ですし、男性の場合は一家を養うには少し給料が低いといえます。
また、ボーナスについてもあるところとないところがあります。
あったとしても1ヶ月分以下のところが多いので年収ベースでいうと200万円程度の人が多いです。

保育士の最低賃金・最高賃金

保育士の最低賃金・最高賃金 保育士の最低賃金については、各地の実状によって、バラつきが出ることがあるため、それぞれの勤務先のシステムの特徴を早いうちからチェックすることが良いでしょう。
最近では、給料の条件の良しあしに関して興味を持っている求職者が増えていますが、保育士として働き続けるために、各事業所の現状を定期的に確認することが欠かせません。
ニーズの高い保育士の仕事内容の選び方については、大手の就職情報サイトなどに度々取り上げられることがありますが、空き時間を利用しながら、各自の経験に応じて転職活動を行うことがポイントとして挙げられます。
そして、保育士の最低賃金は、定期的に改正が行われることがあるため、常日ごろから新しい情報をキャッチすることが有効です。
もしも、最低賃金の移り変わりについて知りたいことがあるときには、大手の転職支援サイトなどにいち早く登録することによって、誰しもすぐに必要な知識を身に着けることができます。

注目サイト

オフィスパーテーション工事

最終更新日:2019/9/6